水素水の飲み方とオススメの水素水タイプ

皆さんは、水素水の正しい飲み方をご存知ですか?正しい飲み方を知れば、水素の働きをより効果的なものにすることができますよ。ここでは、水素水の効果的な飲み方についてお話しします。

水素水

水素水の飲み方

水素水の効果的な飲み方は、大きく分けて3つあります。

早く飲む

1つ目は、早く飲むということです。水にはとても逃げやすい性質があるため、時間が経過するにつれて水からみるみる抜けていってしまいます。自分で作った水素水も、既製品の水素水も「すぐに飲み切る」ということを忘れないようにしましょう。

適量を飲む

2つ目は、適量を飲むということです。適量というのは具体的にいうと、1日1.5リットル程度です。1.5リットルと聞くと、とても沢山に思えてしまいますよね。やはり飲み始めのころは、1.5リットルなんてなかなか飲めないものです。

ですから少しずつ量を増やしていって、たくさん水を飲むことに慣れていきましょう。また多くの量を一度に飲むのではなく、少ない量を何回かに分けて飲むのがオススメです。水素水に費やすお金がそんなにないという場合、水素水を0.5リットルに普通の水1リットルにしても十分効果はありますよ。

常温で飲む

3つ目は、常温で飲むということです。キンキンに冷えた水は、とてもおいしく感じられますよね。ですが冷たい水をたくさん飲んでしまうと、体が冷えてしまうので、健康にはあまりよくないのです。ですから、冷蔵庫で冷やすのではなく常温で保管しておきましょう。

水素水の選び方

水素

水素水には浄水器、スティックタイプ、アルミパウチ容器、ペットボトルなどさまざまなタイプがありますよね。きっと、どのように選べばよいのか分からないという方も多いのでは?ここでは水素水の選び方についてお話しします。

まず注目すべきポイントは味です。基本的に水素水は無味無臭ですが、最近はレモン味など味つきのものも出てきているので、味で選ぶのも1つの手です。

そしてもう1つの注目すべきポイントは水素の含有率です。水素の含有率は、効能を左右する非常に重要なものですが、メーカーによって色々と異なるため、購入する際にはよく確認しておく必要があります。

こちらのサイトもオススメです。水素の効果とタイプ別比較について詳しく書かれているサイトです。

suiso33
参考サイト 水素水の効果ガイド|知っておきたい3つのポイント

つづいて、水素水のタイプと特徴についてご紹介します。

〜浄水器・スティックタイプ〜

浄水器とスティックタイプは、量が多いのが特徴です。これらのタイプは自宅の水に水素を発生させるため、たくさんの水素水を作ることができます。飲料水としてだけでなく、お味噌汁や煮物などのお料理にも使うことができますね。浄水器はコストが掛かるため、スティックタイプのものが手軽で人気になっています。たくさんの水素水を作りたいなら、浄水器・スティックタイプのものがおすすめです。

〜アルミパウチ容器〜

アルミパウチ容器に入った水素水は、水素の含有率が高いのが特徴です。メーカーで作られた水素水がそのままアルミパウチ容器に密封されているので、もっとも水素の含有率が高いのです。効率よく水素を摂取したいなら、アルミパウチ容器のタイプがおすすめです。

〜ペットボトル〜

ペットボトルは手軽に持ち歩くことができるので、とても便利ですよね。ですが水素水の場合、ペットボトルはあまりおすすめできません。なぜかというと、水素は非常に小さい物質なため、ペットボトルの容器から抜けてしまうのです。皆さんが飲もうとしたときにはもう、ほとんどの水素が逃げてしまっているでしょう。水素水を選ぶ際はペットボトル以外のものにしたほうが、水素の効果をしっかり感じられますよ。

水素水にはさまざまなタイプがあるので、自分の目的や希望に合ったタイプのものを選んでくださいね。

SNSでもご購読できます。